中国内旅行【哈爾濱編】世界三大氷祭や観光地、名物を紹介! | 大連ぐらし  

中国 哈爾浜 観光

中国内旅行【哈爾濱編】世界三大氷祭や観光地、名物を紹介!

更新日:

こんにちは。

最近書いたばかりですが、時間に余裕ができたので更新していきます。

 

前回は、留学生活に必要な洗面グッズについて紹介しました。

買うべきものも紹介しているので、よければご覧ください。

 

今回は、久々に中国国内での旅行の話を紹介していきます。

今回紹介する旅行先は、「哈爾浜」です。

 

 

1.哈爾浜 とは?

哈爾浜

大連よりもさらに北にある街です。

ロシアに近いことから、ロシア料理が有名です。

また、北の地域なので体を温めたいという思いから、煮物料理も発展しています。

 

大連より北、ということで大連よりも寒いことが予想できるかと思います。

昼間:̠̠⁻5℃~⁻15℃

夜:⁻20℃~⁻30℃

と、かなり寒いです。

 

冬には世界三大氷祭りの一つである哈爾浜大雪原という氷祭りが開かれます。

冬は極寒ですが、世界でも有名な祭りが開かれるので、冬に行くことをお勧めします。

ちなみに、三大氷祭りの残りは、カナダと北海道の祭りだそうです。

 

 

ここからは、

・哈爾浜での服装

・行き方

・おすすめ観光地

・名物

について紹介していきます。

 

2.哈爾浜での服装

上着:大連でも来ていた厚手のコート

ユニクロのモコモココート

トップス:GUのスエット

中国のロンT

ヒートテック

下:ユニクロの防寒ズボン

スキニーパンツ

ヒートテック

足:靴下×2

雪用ブーツ

 

かなり重装備で行きました。

これだけ着込めば流石に寒くて凍える・・・ようなことはなかったのですが、

少し寒さは感じました。

 

これらを着込んだうえで、張るカイロを体に6枚ほど貼り付け、張らないカイロを2つ持っていました。

 

気を付けなければいけないのが、あまりの寒さでスマホの充電がすぐになくなる、ということです。

スマホを温める用のカイロは最低限用意しておきましょう。

 

3.行き方

大連から行く場合に限りますが、

①飛行機

②高速鉄道

の2種類があります。

 

他の地域からも高速鉄道で行けますが、大連からでも4時間近くかかるため、かなり時間かかります。

そのため、日本や他の地域から行く場合は、基本的に飛行機になると思うのですが、

空港が街からかなり離れていて、結構不便です。

大連から行く場合は、高速鉄道で行くのがおすすめです。

 

4.おすすめ観光地

1.中央大街

中央大街

哈爾浜でのメインストリートです。

ここにごはん屋さんやお土産屋さんが固まっているので、基本的にはここらへんが拠点になってくるかと思います。

 

アイス屋

また、哈爾浜ではここのアイスが有名です。

バニラと、ドリアンともう一種味があったと思います。

私はバニラが好きで3つ食べました。

 

飲食店

こちらのお店で、哈爾浜でのはじめてのごはんを食べました。

ロシア料理

 

初めてのロシア料理に感動していました。

 

2.圣索菲亚教堂

圣索菲亚教堂

教会です。

中に入ることはできないので、このような景色が見えるだけでおしまいです。

観光できる部分や面白い点は特にないのですが、市内にあってかなり近いので見てみるのもいいと思います。

 

3.太阳岛

太阳岛

こちらが、氷祭りの開かれる会場です。

島、という名前ですが、海の上にあるわけではありません。

川の間にある小さな土地で、道路や橋が繋がっているので、一応陸続きと言えるのではないでしょうか。

 

行き方としては、タクシーや専用のロープウェイがあります。

川

冬限定で、川が凍るので川を歩くということもできますが、

結構な距離があるのでおすすめはしません。

 

太陽島では入場料がとられます。

入場料は、大人が30元、学生が15元のようです。

もっと高かったような気がしますが・・・

 

太陽島の中に入るとこのような雪の造形物がたくさんあります。

雪像

雪像

太陽島は氷のゾーンと雪のゾーンに分かれています。

 

この氷のゾーンにはライトアップがないので、昼のうちに言うのがおすすめです。

雪のゾーンだけでも2時間近く観光できるほどの広さです。

 

氷像

会場が結構違う場所にあるのですが、島内に氷祭りの会場があります。

これ全部氷でできてるのってすごいですよね。

 

なんと、ここから先は別料金です。

大人は330元、学生は200元と、結構高いです。

しかし、見る価値は絶対あるので、ここは我慢して入りましょう。

 

氷像

氷像

氷像

中はこのような氷のオブジェクトがたくさんあります。

写真では表せないほどきれいなので是非はいってみてください。

 

5.おすすめ食べ物

1.ロシア料理

ロシア料理

ロシア料理

ボルシチやソーセージです。

大変おいしくて、旅行中に3回くらい食べに行きました。

 

ウォッカ

もちろんウォッカも一緒に

 

2.アイス

アイス

先ほど紹介したアイスです。

非常に濃厚でおいしいので、一個だけでも買ってみてはどうでしょうか。

 

3.北京ダック

北京ダック

北京ではないですが、おいしかったです。

北の地域ということで、派生した料理なのでしょうか。

 

4.その他

イカ焼き

街中のイカ焼きです

寒い中暖かいものを食べると、本当においしいです。

 

焼肉

日本焼肉屋さんです。

半年間、日本の焼き肉を食べてなかったので、つい食べてしまいました。

 

極寒の地で普段過ごすのはきついと思いますが、非常に楽しい旅行になると思うので、

興味がある方はぜひ行ってみてください。

 

今回はここまで

では。

-中国, 哈爾浜, 観光

Copyright© 大連ぐらし , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.