日露戦争跡地の旅順!!203高地や日露監獄など観光地を紹介! | 大連ぐらし  

中国 旅順

日露戦争跡地の旅順!!203高地や日露監獄など観光地を紹介!

更新日:

こんにちは。

前回は大連の日本料理について紹介しました。

まだご覧になってない方はそちらもどうぞ。

 

今回は大連市から電車で1、2時間ほどでつく旅順について紹介します。

旅順は日本との戦争の歴史が残っています。

留学に行った学生は、せっかく大連にいるのに、行かないのは非常にもったいないと私は思います。

社会人の方でも、歴史に興味がある方にとっては有意義な観光になると思うので、機会があれば行ってみてください。

 

ちなみにご飯はほぼ一緒なので紹介しません。

観光地だけです。

 

  • 203高地
  • 旅順日露監獄博物館
  • 旅順博物館
  • 白玉山景区

を順番に紹介していきます。

 

1.旅順への行き方

まず、観光地の紹介の前に旅順への行き方を紹介します。

旅順へ行く方法は4種類あります。

1.電車

大連には2本の地下鉄しかありません。

東西を結ぶ2号線、南北を結ぶ1号線です。

1号線、南の終点である「河口」駅で、地上に出る電車に乗り換えます。

電車

こんな電車です。

「河口」駅では、まだ地下です。

 

駅

「旅順」駅です。

「河口」駅から旅順の西の端の方まで35分です。

旅順の西の端まで行けるのはこの方法しかないです。

2.バス(学校用)

学校用のバスを使って旅順にいくこともできます。

このバスは「大連外国語大学」のバスで、一般の方も乗ることができます。

 

「海事大学」駅が最寄である「万达广场」というショッピングモールと

「大連外国語大学」と「大連医科大学」を結びます。

 

片道40分くらいで、バス代は10元です。

しかし、旅順の東側にしか行けず、なかなか観光には向いてないと思います。

 

3.観光バス

2の学校用のバスの近くから出る旅順観光バスもあります。

しかし残念なことに、正確な場所を覚えておりません・・・

 

しかも到着時刻が完全にランダムです。

バスが来たり来なかったりします。

旅順の西の端の方まで行くそうですが、時間がかなり適当なので観光にはむかなそうです。

 

4.タクシー

最強の交通手段ですね。

タクシーであるならどこまででも行くことができます。

 

しかし、なかなか高くなります。

時間は1時間ほどかかり、お金も100元ほどかかります。

それでも日本円すると1700円ほどなので、かなり安いですが・・・

 

また、タクシーの運転手にかなり嫌な顔をされます。

かなり遠いのでめんどくさいのです。

そのため、タクシーをなかなか捕まえられない時もあります。

 

終電がなくなったなどの最後の手段で使うのがよさそうです。

 

ちなみに旅順でも電車は一本しかないので、基本的に旅順での移動はタクシーか市バスです。

 

次からやっと観光地について紹介していきます。

2.203高地

203高地

日露戦争の激戦区となった場所です。

桜

今は桜が有名な公園となっています。

他にも違う種類の桜が咲いており、町中に桜の宣伝が出ています。

 

祭  祭

私が行ったときには、何かのイベントがやっていました。

出店がいっぱい出ており、ここでお昼ご飯を食べました。

普段はこのイベントは開かれておらず、昼ごはんを食べる場所はありません。

 

像

このような日中友好の像もあったりします。

いつか完全にお互いに仲良くなれたらいいですね。

 

大砲  弾丸

桜ばかりではなく、このようなものもありました。

やはり、戦争の跡地ですね。

 

入園費:30元(510円)

所要時間:2時間半

 

3.旅順日露監獄博物館

監獄

日露が使っていた刑務所を基にした博物館です。

監獄

中身はこのような監獄になっています。

牢獄の中に入ることはできませんが、扉越しに中をのぞくことはできます。

 

他には刑務所の道具や、つかまっていた罪人の紹介などもありました。

処刑台 処刑台

このような処刑場もありました。

なかなかショッキングな場所ですね。

 

入場費:25元(425円)

所要時間:2時間半

 

4.旅順博物館

博物館

こちらは先ほどの日露監獄博物館とは違い、伝統的な置物などが展示されています。

 

階段  銅器

中は結構きれいです。

 

入場費:20元(340円)

所要時間:2時間

 

5.白玉山景区

白玉山

こちらは日本人の遺骨を埋めた場所です。

棟

このような塔が立っています。

すぐに見つけることができます。

 

砲台  いかり

戦争に関わる場所なので、もちろんここにもこのようなものがあります。

写真を撮る方がたくさんいました。

 

港

そしてここはかなり景色がいいです。

旅順港を見渡すことができます。

この景色を見に来る方が非常に多く、旅順の観光地の中でこの場所が一番の人気となってます。

 

少し高さがあるのが写真からわかるとおもいますが、ここまで徒歩で行くこともできるし、ロープウェイで行くこともできます。

ロープウェイ

 

行きは徒歩で登り、帰りはロープウェイで降りました。

片道10元くらいだったと思います。

 

乗り場

目印はこのような建物です。

帰りに降りたのがこの場所で、登りはひょっとすると別の場所にもあるかもしれません。

 

入場費:無料

※ロープ―ウェイ:10元

所要時間:30分~1時間

 

 

電車

帰りも電車で帰りましたが、ほぼ貸し切り状態で写真が撮れました。

電車の中はかなり綺麗です。

 

また、椅子もピカピカなのですが、かなり滑りやすいです。

電車の急発進やブレーキで横に動きまくります。

旅順だけでなく、大連も北京もこんな感じなので、中国中がこのすべりやすい椅子なんだと思います。

 

旅順はこのように、観光地は多くないですが1回は行ってみる価値があるので、時間がある方はぜひ行ってみてください。

-中国, 旅順

Copyright© 大連ぐらし , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.