中国にある海の街『大連』!生活費や反日意識、街の様子を紹介! | 大連ぐらし  

中国 大連 観光

中国にある海の街『大連』!生活費や反日意識、街の様子を紹介!

更新日:

 

はじめまして。 私は中国に1年間留学をしていた者です。

右の紹介にもありますが、このブログでは私が大連にいた1年間で撮った写真と経験した出来事から大連について紹介していこうと思います。

 

主な内容は留学生としての生活なので、中国への留学を考えている学生の方にとっては有益な情報となると思います。

また、生活していく中で使った施設や旅行に行った観光先も紹介していく予定なので、中国へ観光に行く予定の方、または中国で働いている方にとっても有益な情報をお渡しできると思います。

留学先、私が留学先に決めた理由については別の記事でお話いたします。

 

今回は、大連という街がどんなところなのか数字や地理的な点から紹介します。

  • 大連の場所
  • 大連の歴史
  • 大連にいる日本人
  • 大連での生活費
  • 他の地域へのアクセス

上記の情報について紹介していきます。

 

1.大連ってどこにあるの?

 

そもそも大連をご存じでしょうか?

 

日本の企業が大連には結構あるので、社会人の方だとご存じかもしれませんね。

留学を考えている学生の方はどうでしょうか?北京や上海、台湾などが頭にはあるけど、他の都市はわからない、なんて方も多いのではないでしょうか。

大連はここにあります。

出典:西日本新聞

想像していた場所と近いでしょうか?大連は一言でまとめると北国です。かなり寒いです。

 

大連市の座標は、北緯39度、東経121度です。日本の都市では、仙台と同じ緯度です。仙台の寒さを想像できる方は大連の寒さも想像できると思います。

気温で言うと、だいたい昼は3度~-5度、朝・夜は0度~-8度くらいでしたが大連で経験した中で一番低い気温は昼で-7度、夜で-13度でした。

寒いにもかかわらず、あまり降水量は多くなく、日本海側や日本の北国と比べると雪はそんなに降りません。

 

また、気温以外では、大連は海に近いため海鮮が名物です。

よその都市から海鮮を食べに旅行する中国人がいるくらい、中国では大連といえば『海の街』のようです。

海鮮が大好きな方にとっては非常に良い街だと思います。

 

2.大連って反日大丈夫?

中国へ行く方なら結構気にする方いるのではないでしょうか。

暴動に巻き込まれるのは怖いですよね。

安心してください。大連に反日はいない・・・らしいです(笑)

 

表現があいまいで申し訳ないのですが、少なくとも私は一回も日本人であるからと迫害を受けたことはありません。

また、タクシーの運転手のおじさんに「反日が不安なんだよね」と話したところ、

 

「大連にはそんな人はいない!むしろ日本人には感謝してるよ。戦争が終わってから大連がここまで発展したのは日本企業のおかげだよ。日本がいなかったら今の大連はないね。日本大好きだよ。」

 

と言ってもらいました。すべての人が日本に感謝して日本を好きとは言い切れませんが、私の体感では日本へ好印象の方が多かったです。

 

しかし残念なことに、日本と大連には悲しい過去があります。

大砲

日露監獄跡地

 

このような戦争に関係するものが残っています。

正確に言うと、これらは「旅順」という大連市から少し離れた場所にあります。別の記事で旅順観光についてまとめるので、過去に興味がある方・旅順に興味がわいた方そちらをご覧ください。

 

15年ほど前まで外国人が立ち入ることができなかったと聞いて、少し怖かったですがここでも特に危ない目には合いませんでした。

しかし、旅先で子どもに「なんで日本人がいるの?」とは言われました(笑)

本当にそれぐらいで治安はかなりいい街だと思います。

 

3.日本人は多い?

現地に駐在している日本人の方に聞いたところ、5000人くらいはいるそうです。

しかし、大連市内ではなく「開発区」という場所に多くいます。

 

「開発区」は大連市内からJRのような電車で大連駅から20分~30分ほどかかる場所にあります。

私は大連市内の学校に通っていたので、社会人の方とすれ違うようなことはありませんでした。

 

また、学校によって日本人留学生の数は大きく異なり、私の学校では200人中20人くらいでした。

 

4.大連での生活費は?

大連での生活費はどれくらいか想像つきますか?

だいたいの生活費を紹介します。

 

  • 住居費・・・月1500元~1800元(25,500円~30,600円)
  • 食費 ・・・1食10元~30元(170円~510円)
  • 光熱費・・・月100元以内 ※私は寮に住んで無料だったので正確にはわかりません。

などです。その他、娯楽費や飲料水代、生活用品費、通信費などもかかってくると思います。

月4000元~5000元ほどあれば、十分暮らしていくことができます。

 

5.他の都市に遊びに行けるの?

大連は島のような位置にあるため、他の都市に移動しづらいのでは?

 

と思うかもしれませんが、大連は結構いろんな都市に行くことができます。

 

  • 北京・・・高鉄(日本でいう新幹線)4時間、飛行機1時間
  • 上海・・・飛行機2時間
  • ハルビン・・・高鉄4時間、飛行機2時間
  • 旅順・・・電車1時間
  • 瀋陽・・・電車2時間

有名な街もあれば、初めて聞く街もありますよね。

これらの街の観光先なども紹介していきます。

興味があればぜひ、マイナーな都市へも旅行に行ってみてください。

 

 

大連はこんな街

今まで紹介してきた内容をまとめると・・・

「大連」は、北にある海の街で、日本人が好きな人が多く、生活費が安くて、いろんな都市に遊びに行きやすい街です。

留学先として、勤務先としてだけでなく、ぜひ一度遊びに行ってみてください。

-中国, 大連, 観光

Copyright© 大連ぐらし , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.